■ 概要

 

 2014年9月11日             

任意団体「すくのびくらぶ」設立。

震災から3年半が経過したので、復興の実感と人づくり・地域創りをめざして行きます。

子育て支援団体および福祉団体の連合で結成。会員16名(役員6名、スタッフ10名)

代表 前澤由美 (NPO法人いわき緊急サポートセンター理事長)

 2015年1月6日~

 フクシマススム プロジェクト(セーブ・ザ・チルドレン×サントリー)の助成を受け「とことん広場」の運営を「すくのびくらぶ」へ移管する。3月より保育士資格取得の勉強会を毎月開催し、地域資源の育成と親子・支援者の成長を願う。

(勉強会の開催日・時間、内容・講師などはホームページのイベント情報をご参照ください。)

 2016年1月5日~

JT NPO応援プロジェクト(JT×日本NPOセンター)の助成を受け広場運営を継続。同時に広場名を「すくのび広場」に改名する。毎月3,000人を超える親子の心の居場所となっており、子どもの運動機能保持・発育発達の促進に貢献。イトーヨーカドーのご協力で、2016年12月末まで広場を運営する。主に未就学児が対象。小学生の入場も可能にする。毎月、保育士資格取得の勉強会を開催し、2名の合格者を輩出する。

2016年5月1日~

復興庁「心の復興事業」に採択され、2017年3月まで(H28年度)助成が決定。

~多世代交流による心の復興と次世代活性の地域づくり~

これまで屋内遊び場の広場は、親子など子育て家庭の利用する所でしたが、当広場は

高齢者から赤ちゃんまで、小学生は勿論どなたでも利用できるようになりました。

大きな余震・津波勧告・土砂災害・避難指示が多い中、避難所としても心の居場所としても

多くの地域住民から必要とされる広場になっています。

2017年1月6日~

JT NPO応援プロジェクト(JT×日本NPOセンター)の2期目の助成に採択され2017年12月まで運営の継続が決定。震災の被害や原発不安を含め多くの避難者を抱えている上にまだ止まらない大きな余震に地域不安が続いています。イトーヨーカドー平店さんは丸5年半、場所の提供を継続してくださっており、毎月4,000人を超える利用者(親子・高齢者・支援者など)がイベントに参加し、共に支えあい成長しあうことを目的に運営しています。

保育士資格取得の勉強会を毎月継続し、今年度4名の合格者を輩出(合計6名)。

震災後6年目の春を迎えようとしています。

■ 広場の成り立ち

 2011年9月、福島原発事故から半年後、外遊びができずにいる市内の子どもたちのために、いわきNPOセンターがイトーヨーカドー平店のご協力を得て、4階の特設催事場に簡易広場を設置したことから始まる。 広い屋内遊び場で原発不安に負けず、 とことん遊べるようにと願い「とことん広場」と名づける。

震災後5年近く経過するが未だ原発問題は解決しておらず、いわき市は多くの避難者と不安を抱えている。復興は途上であり、地域に貢献していくとのヨーカドーのご配慮により、場所は無償で提供されている。

 赤い羽根募金、フクシマススムプロジェクトなどの助成を受けて広場は、2014年12月までの3年以上にわたっていわきNPOセンターが運営。年間2万5千人超の親子から親しまれて、広場存続への強い要望があった。 子育ての専門性を高めるために「すくのびくらぶ」へ移管。これまでの様子は、とことん広場Facebookなどで紹介されている。